SERACOでは『本物』の仮想通貨情報を
『完全会員制』にてご提供しております。
(それぞれの仮想通貨の特徴)


新時代の概念として注目されている仮想通貨
現在、ビットコインに続く仮想通貨としてゆっくりと普及してきているのがモネロ(Monero)です。

仮想通貨は普及する前に購入しておけば、一気に値段が高騰する可能性があるので、まだ有名でないときから、普及の可能性を検証して、早めに買っておくのがおススメです。
今回は、「モネロ(Monero)とはどんな仮想通貨なのか」という話をします。

モネロ(Monero)とは?

モネロ(Monero)は、送信先や送信元などを追跡不可能なほど匿名性を高めることに特化させた仮想通貨です。
モネロが特徴的なのは「リング署名」という技術を改良した「ワンタイムリング署名」という技術を使用している点です。
ワンタイムリング署名という技術は、現段階で匿名送金を可能にする技術としては非常に優れたものであると注目を集めています。

なので、匿名送金をする場面で採用される通貨として、モネロが採用されるケースがあります。
ただ、匿名送金できるということは、犯罪につながる取引にも使われてしまう恐れもあるため、その点で普及を懸念する人もいます。

実際、2016年9月より、違法なドラッグや個人情報の売り買いが行なわれている「AlphaBay」というオンラインマーケットでの採用が決定したことで、価格が急騰した経緯もあります。
匿名送金を行いたい市場というのは世界でたくさんあるため、普及が期待できる仮想通貨ですが、今後犯罪での使用などが増えてしまうと、規制が起こるかもという懸念もある通貨です。

モネロもコインチェックで購入することができます。

2017年1月には1690円だったものがなんと、12月には55000円近くになっています。

10万円で購入していたら330万円になっています。

モネロの通貨の略称は「XMR」と呼ばれています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
ビットコインやイーサリアムを某大手企業が採用しようと検討してましたが、
ビットコインやイーサリアムの技術を備えた第3のビットコインというものが2018年に出て来るようです。

それを大手企業が採用した時には今まで出てきた仮想通貨の値上がり以上が予測できます。
某専門家が言うには1000倍以上にはなると予測しているようです。

10万円が1億円になる可能性があるICO情報は
別途会員様に情報提供しますのでご検討下さい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
お得な稼ぎ放題プラン


業務委託詳細を見る



仮想通貨詳細を見る



ビットコイン詳細を見る



イーサリアム詳細を見る



イーサリアムクラシック詳細を見る



リスク詳細を見る



ファクトム詳細を見る



モネロ詳細を見る



オーガー詳細を見る



リップル詳細を見る



ジーキャッシュ詳細を見る



ネム詳細を見る



ライトコイン詳細を見る



ダッシュ詳細を見る



ビットコインキャッシュ詳細を見る



ページの先頭へ