SERACOでは『本物』の仮想通貨情報を
『完全会員制』にてご提供しております。
(それぞれの仮想通貨の特徴)


新時代の概念として注目されている仮想通貨。

2016年10月、注目を集めている通貨としてZCASH(ジーキャッシュ)があります。
ZCASHの特徴は「高い匿名性」にあります。

ZCASHは「ゼロ知識証明」という暗号化技術を用いてブロックチェーン内の通貨のやり取りを暗号化します。
そうすることで、「送金者」、「受領者」、「送金金額」についてわからないようにすることが可能です。
仮想通貨の代表であるビットコインに関してはブロックチェーンが公開されていることで、誰がどの程度の金額を送金したか、調べようと思えば調べられるような作りになっています。

その点が良い面とみられる場合もあれば、悪い面と見られる場合もあります。
誰がどの程度送金したのかがわかってしまうということは、透明性があって犯罪に使われるケースは少なくなりますが、その反面自分の資産ややり取りが丸見えになってしまうリスクがあります。

そのため、現在の仮想通貨の世界では「秘匿性の高い通貨」というのが注目を集めています。
ZCASHの他にも秘匿性の高い通貨としては、「monero」や「DASH」というものがあり、最近値段が高騰していってます。(仮想通貨のランキングでも6,7位くらいに浮上してきています。)

moneroやDASHも誰が送金したのかわからない暗号化の仕組みを採用していますが、ZCASHのほうがより秘匿性の高い通貨と言われています。

また、ZCASHは、仮想通貨界での大物がたくさん参画しているということで、特に注目が高い通貨となっています。(イーサリアムを開発したVitarikとかもアドバイザーとして参画するということでかなり話題です。)

zcash mining(マイニング)はどこでできる?


zcashは10月28日に取引が開始されますが、ICOやクラウドセールがないので、マイニングするか取引所で購入するかという方法しかないです。

現状注目が高いのがマイニングで取得する方法です。
linux系のPCでは、zcashの公式よりマイニングツールが公開されているので、自身のPCにてマイニングを試すことも可能です。

windowsやmacに関しては、自身のPCのCPUを使うのではなく、マイニングプールを使うことでマイニングすることが可能です。

現在、zCASHのマイニングで一番注目が集まっているのがGenesis Miningです。


ジーキャッシュもコインチェックで購入することができます。

2017年1月には5771円だったものがなんと、12月には80000円近くになっています。

10万円で購入していたら138万円になっています。

ジーキャッシュの通貨の略称は「ZEC」と呼ばれています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
ビットコインやイーサリアムを某大手企業が採用しようと検討してましたが、
ビットコインやイーサリアムの技術を備えた第3のビットコインというものが2018年に出て来るようです。

それを大手企業が採用した時には今まで出てきた仮想通貨の値上がり以上が予測できます。
某専門家が言うには1000倍以上にはなると予測しているようです。

10万円が1億円になる可能性があるICO情報は
別途会員様に情報提供しますのでご検討下さい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
お得な稼ぎ放題プラン


業務委託詳細を見る



仮想通貨詳細を見る



ビットコイン詳細を見る



イーサリアム詳細を見る



イーサリアムクラシック詳細を見る



リスク詳細を見る



ファクトム詳細を見る



モネロ詳細を見る



オーガー詳細を見る



リップル詳細を見る



ジーキャッシュ詳細を見る



ネム詳細を見る



ライトコイン詳細を見る



ダッシュ詳細を見る



ビットコインキャッシュ詳細を見る



ページの先頭へ