SERACOでは『本物』の仮想通貨情報を
『完全会員制』にてご提供しております。
(それぞれの仮想通貨の特徴)


ビットコインを簡単にわかりやすく説明すると、インターネット上に存在する電子的な通貨です。
通常のお金のように、紙幣や貨幣など物としての形が存在しないため、「仮想通貨」や「デジタル通貨」などと呼ばれたりもします。
(最近では紙やコインに保存するタイプのビットコインも存在していますがそれはあくまでビットコインの入れ物としての存在であり、実際には、紙やコインに付属しているマイクロチップに電子的に保存されています。)
インターネット内での買い物はもちろんのこと、ふだんの買い物でも、ビットコインが使用可能な機器があれば普通のお金と同様に支払いに使うことが可能です。
ここまで聞いたかぎりだと、日本で普及している楽天Edyやsuica、nanacoといった、「電子マネー」と同じ物だと連想するかと思いますが、電子マネーとは明確に違う性質を持っています。

電子マネーには発行元、管理先が存在するがビットコインには発行元、管理先が存在しない。
電子マネーには換金性がないが、ビットコインは換金できる。
ビットコインのように、実体は持たないけれども、円やドルなどの通貨と同じように世界中で交換価値ができているものもあれば、オンラインゲーム内で使う通貨や、Webサイト内のみで使えるポイントのようなものも仮想通貨と呼ばれます。

投資に使われる仮想通貨としては、実際の国際通貨と同様に取引所で取引され、通貨の送金や、通貨の交換などができ、為替取引が可能なものとなっています。
※本記事で違いを述べる際に用いる仮想通貨は、「投資に使われる仮想通貨(ビットコインなど)」について話をしていきます。(ゲーム内のみで使われる通貨などは性質が違うものもあるので)

一方の電子マネーとは一般的にクレジット決済やデビットカード、suica、Edy、nanako、WAONなどのオンライン決済等に用いられる電子的なお金を指します。
仮想通貨と電子マネーの違いは実際には多々あるのですが、大きな違いとして覚えておくべきこととしては以下2点があります。
発行元の有無
譲渡、払い戻しなどの交換性(換金性)の可否

発行元の有無について


電子マネーの場合、その電子マネーの発行元が明確に存在しています。
例えばEdyの電子マネーをチャージ(購入)した場合は、その電子マネーは楽天が発行元ですし、suicaに電子マネーをチャージした場合はJRが発行元です。
発行元が存在することで、発行元の企業が電子マネーを使用できることを保証することで成り立っています。
逆に言うと、電子マネーの価値は発行元の企業の信用力に依存するので、発行元が破綻などをすると価値がなくなってしまうという信用リスクが存在します。
一方、仮想通貨の場合は発行元、運営者という概念がありません。

発行元、運営者がいないとなると、誰がその仮想通貨が使用可能であるのか保証してくれるの?となりますが、仮想通貨の場合はシステムによる暗号化技術により、セキュリティの確保や取引履歴(台帳)の管理が徹底されているという信用によって、使用可能であることが保証されています。
ですので、ハッキングなどで残高などが大規模に改変されるなど、仮想通貨の暗号化システムに不備があった場合は通貨としての信用が失われる可能性があります。

仮想通貨の代表格であるビットコインでは、P2Pという分散システムや、ブロックチェーンと呼ばれる取引履歴の記録の仕組みが長年の運用によって堅牢で信頼のおけるシステムであると認知されてきており、信用力が高まってきています。

譲渡、払い戻しなどの交換性(換金性)の可否について


電子マネーに関しては、原則、他者への譲渡や払い戻しはできず、お金としての交換価値(換金性)はありません。
電子マネーは「使用者が発行企業に前払いでお金を払っている」という位置付けであり、発行を受けた人だけが使用でき、使用すると発行された残高が消える(前受金と負債の消去、売上の計上)ことになっています。

電子マネーは払い戻しを認めてしまうと、前払い金ではなく預り金となり、出資法の預り金規制を受ける可能性があるため、原則払い戻しは認めていません。
一度、通常のお金から電子マネーに変えてしまうと、原則、何か物やサービスを購入するという形でしか使用用途がないということになっています。

一方の仮想通貨は、他者への譲渡が可能です。
払い戻しという考え方は発行元がいないので当てはまりませんが、他者への売却によって、元のお金に戻すこと(換金)が可能です。

ビットコイン投資は実際儲かるの?


正直、かなり儲かります。
2016年ごろから色々な企業がビットコイン決済を導入しています。
入口がビットコインでしか受け付けていないので必然的に購入者は増えてきます。

ですから、2017年、2018年は保有しておくだけでどんどん右肩上がりで資産が増えていきます。
ただ、投資と考えたときにビットコインだけに投資をした場合は、今以上には増えるので儲かりますが、企業にビットコインを預けて結局企業が破綻した場合は損するので、儲からないになります。

ですから企業選びはもちろん、ビットコインをどのように増やしたいのか考えてください。
以前からビットコインに目を付け、投資対象としてビットコインを保有していた投資家には資産を何百億に増やしたビットコイン長者も存在しています。
有名な人で例を挙げると、ジャレッドケンナという人は、1ビットコイン=20円の時に5000ビットコインを購入し、その価値が2億5000万円以上に膨れ上がりました。



画像引用:naverまとめ

そして、ジャレッドケンナはその後ビットコイン取引所を作って、何百億と稼ぐ人になりました。
その他様々な人がビットコインの価値上昇の波にのっかり、億万長者になった!という人が続出しました。

今からビットコインに投資しても大丈夫?間に合うのという部分ですが、
もちろん投資に絶対はないので確実に儲かるとは言えませんが、個人的な見解としては、ビットコインはまだまだ普及する余地があるし、価値が上昇しやすい仕組みがあるので以前ほど急激ではないが価値は上昇していくだろう と考えています。

ただ、まだ現在ではビットコインの価格変動は大きく、急激に価値が下落してしまう時期があったり、誤った管理方法をすることで盗難や消失の被害にあうこともあります。

ビットコインの取引所及び様々な入手方法


取引所は「CoinCheck(コインチェック)」です。

1.マイニング(採掘)する
ビットコインの仕組みの項で述べたとおり、ビットコインのシステムに参画し、システムから提示される演算処理を行う「マイニング」という方法で、報酬としてビットコインを入手することができます。

マイニングは、コンピュータを用意して、マイナー(採掘機)と呼ばれるソフトウェアを使用することで実施することができます。
ビットコインが普及する以前は、個人のコンピュータにマイナーを入れて、ビットコインをゲットするということも可能でした。

しかし現在ではマイニング競争が激化し、企業が巨額の資金をかけてコンピュータ資源を整えて参画しており、個人のマイニングでビットコインを得るのはほぼ不可能になっています。

(私もマイニングよるビットコインの入手はしたことがありませんので、本サイトにてマイニングの方法は記載いたしません。)

2.分けてもらう
マイニングによって採掘されたビットコインを人から貰い受けることも可能です。
友達から貰い受ける場合はそれぞれのウォレット(保管場所)から受け渡しを行います。

最近では、仕事の報酬、対価としてビットコイン払いをするところも増えています。
(ビットコインで商品を購入できるところも増えているので、「分けてもらう」という言い方だと語弊があるのですが、より通貨らしくやりとりが行われるようになっています。)

個人間のやり取りとなり、取引所を介さないので、非常に安い手数料で送金が可能です。

3.購入する
採掘され、世に出回っているビットコインを取引所を介して購入する方法です。
現在、ビットコインを入手する方法としては取引所を利用するのが最も一般的な方法です。
(他にもビットコイン専用のATMなどがあって、そこから購入する方法などもあるのですが、現状では非常に数が少なく一般的ではありません)

また、ビットコインが誕生したのは2009年。
正体不明の中本哲史(ナカモトサトシ)という人物がビットコインの仕組みの元となる「電子通貨ビットコイン」の論文をWEB上で発表しました。
この論文は多くのコンピューターマニアに支持され、論文を基に、開発、普及が進んでいきました。

ただ、それ以上のことは不明なままです。
論文自体は英語で書かれており、中本哲史という名は偽名である可能性が高いと言われています。(ナカモトサトシという名から日本人を想像する人は多いですが、日本人かどうかもわかっていません)

発行量の上限が決まっている
ビットコインは元々総量が決まっているという特徴があります。
ビットコインは発行できる上限が約2100万ビットコインまでとシステムで決められています。
なので他の貨幣のように、大量に発行されてインフレを引き起こすということはありません。
ビットコインが流通すればするほど、ビットコインが他の通貨と比較して価値を高めることができるという点も投資対象として注目が集まっている要因です。

ビットコインの仕組み(技術)


ビットコインが特に注目を集めた理由が、画期的なシステムの仕組みです。
特定の国家や銀行に依存しない通貨ということは、国家や銀行が通貨としての価値を保証してくれないわけですから、「どうして通貨としての価値(信頼性)を持つの?」と考えてしまいますが、端的にいうとビットコインが稼働しているシステムが信用されているからです。

ビットコインが稼働しているシステムは、以下のような機能の実現を多くの技術者が研究して生まれたシステムです。
取引履歴がすべてどこかに記録として残っている(通貨を所持しているという記録が消えてなくなったりしない) 取引履歴が誰にも改ざんすることができない不正が発生しないように通貨が発行される

上記を実現するためにビットコインが採用しているのが以下の仕組みです。

ブロックチェーン技術
プルーフオブワークシステム
マイニング(採掘)
以下、ブロックチェーン、プルーフオブワーク、マイニングといった仕組みをわかりやすく噛み砕いて説明します。

(私も技術者ではないため、一般投資家がビットコイン投資をする上で理解しておきたい概要部分の説明というかんじですが)
※ビットコインの投資に直接関係はないので、この部分は飛ばしていただいても問題ないですが、投資対象への理解を深めるという意味では一読いただければと思います。

ブロックチェーン技術


ブロックチェーンは、「取引を記録するための分散台帳管理技術」です。
ブロックチェーンという名前は、この仕組みが「ブロック」と呼ばれるデータの束を、時系列で鎖のように接続したものに例えられるため、そのように名付けられました。
ブロックは一定時間内に発生した「取引の記録」を記載したデータです。

システムは、ブロックを生成し、取引記録を書き込んでいくのですが、一定時間が過ぎると、新しいブロックを生成し、新しいブロックに記録する、という作業を延々と繰り返します。
さらに、新しいブロックには、直前のブロックの「ハッシュ値」というものが含まれています。

ハッシュ値というのは、「データを暗号化した値」です。
このハッシュ値が新しいブロックに存在するため、特定のブロックの内容を改変して入れ替えたり、削除しようとすると、以降のブロックのハッシュ値が全て実際のデータと矛盾することになります。

ですので、ブロックの内容を改変しようと思うと、改変したいブロック以降のすべてのブロックを作りなおさなければならなくなります。
この「改変したいブロック以降のすべてのブロックを作りなおす」という作業が実質的にできません。
というのも、ブロックのデータの中には後述する「プルーフオブワーク」で得られた「莫大な計算をした演算結果」も含まれており、改変するためにも莫大な計算をしなければならず、一定時間ごとに増えていくブロックをすべて計算することはほぼ不可能となっています。

さらに、このシステムは、P2P方式と呼ばれる分散型システムにて様々な場所にあるコンピュータ(ノード)が記録を保持しています。
記録を保持している一つのコンピュータ(ノード)が壊れても、別のコンピュータが記録を保持しているので、記録が消滅することはほぼありません。

このブロックチェーンと呼ばれる分散管理台帳技術が、実質的に「改ざんもされないし、消滅もしない」ということでビットコインへの信頼につながっています。

プルーフオブワークシステムとマイニング(発掘)


プルーフオブワークシステムというのは取引を記録する際に、莫大な計算処理をしなければならないシステムのことで、上記のブロックチェーン技術と合わせてビットコインが改ざんをされないように考えだされたシステムです。

ビットコインでは、P2P方式という分散システムの中で、各PC(ノード)が多大な計算量を要する問題を出題しています。
そして、その問題の答え(演算結果)を「ブロック」という取引記録が書かれているデータの固まりと一緒に保存しています。

こうすることで、取引記録を改ざんしようとした場合、莫大な計算をしなければならなくなり、理論上改ざんできなくなるという仕組みを作り上げています。
さらに、このプルーフオブワークシステムは、各PC(ノード)がビットコインを発行するための試験問題というような役割にもなっています。
自分のPCにてビットコインを発行したい場合、プルーフオブワークシステムにて出題される問題を他のどのPCよりも早く解く必要があります。

一番早くに問題を解き、演算結果を提出したものがビットコインの取引記録保存のシステムに参画することができ、その報酬として、ビットコインを少しもらう(発行する)ことができます。
この、「システムに参画して、その報酬としてビットコインを発行する」という行為をマイニング(採掘)と呼びます。

なぜビットコインを報酬としてもらう、発行する行為が「マイニング(採掘とか、発掘という意味)」という言い方をされるのかという話をします。
前提としてビットコインは、先に挙げたとおり、発行上限が決まっているという特徴があります。
ビットコインの総量は2100万コインと予め決められています。

そして、すでに発行済みで、ビットコインのやり取りが行われているのが1500万コイン程度です。(2016年3月時点)
残りの600万コインに関してはまだ市場に出回っていない(発行されていない)未知のコインとなります。
この、「まだ出回っていないけれど、発行量に限りがある未知のコインを手に入れる」という様子が、「鉱山で採掘量に限りがある金を掘り当てる行為」に似ているという理由でマイニング(採掘)と呼ばれています。

ビットコインのメリット


送金が速い、安い
ビットコインでは特定の金融機関を通さずに送金できますし、他の通貨のように通貨を変換(円⇒ドルへなど)することなく全世界でビットコインという共通通貨でやりとりできるので、他の通貨よりも送金が速く、手数料も安くなることが多いです。
グローバルな取引が主流になっている昨今では、ビットコインのこのメリットが非常に注目されています。
送金が速くて安いのが魅力ですが、最近ではビットコインの流通量が増えて、逆に送金スピードが遅いと感じてしまうケースもあります。(受け渡し時のシステム内での承認が遅いケースが増えている)

また最近ではビットコインよりも送金が速くて安いということを売りにしている仮想通貨も登場してきており、メリットとして疑問視する人もいます。(通常の通貨よりも良いことはたしかなのですが)
希少性が上昇し続ける
ビットコインの特徴の項目にて、「発行上限が決まっている」という話をしましたが、その特徴によって、限りがある資源をみんなで売買することとなるため、ビットコインが普及すればするほど価値が上昇していきます。

この部分がビットコインの投資商品としての最大の魅力になっています。
換金性が高い
現在ビットコインは世界中に取引所が存在し、他通貨との交換もスムーズに行われています。
取引も活発に行われており、FXのような為替取引と同様のスピードで他通貨との交換がおこなわれており、必要なときに簡単に換金できる通貨となっています。

ビットコインのデメリット・リスク(問題点・危険性)


ビットコインはまだ生まれたての通貨ということで、今後の普及の上で不透明な部分というのもいくつか存在します。
以下、原状想定されるビットコインのリスク、問題点というものをデメリットとして挙げています。

ビットコインシステムがハッキングされる危険性
ビットコインの仕組みの項目で述べたように、ビットコインが通貨としての価値が認められているのは、「取引記録が誰にも改ざん・削除されずに保存され続けるシステム」上に存在しているからです。
逆にいうと、この根本の信頼性である「改ざんできない」という部分の常識がひっくり返ると通貨としての価値を失う可能性も存在します。

ただ、この点に関して個人的な意見を述べるなら、ビットコイン自体のシステムにおいては「ハッキングによって改ざんされる可能性は皆無に等しい」と考えています。
ビットコインを支える「ブロックチェーン」という技術が非常に優れており、発足してから今までにビットコイン自体が改ざんされたことはないというのも理由の一つです。
が、さらに「プルーフオブワーク」という技術が採用されている点が秀逸です。この技術は、システム内で非常に優れた演算処理をした者に報酬としてビットコインを与えるという仕組みです。

この仕組みがあるおかげで優れたコンピュータ技術をもっている技術者は「ハッキングなどの犯罪を侵すより、真っ当に演算処理技術を高めて報酬をもらうほうが賢い」という考えに至ります。
もちろん今後ビットコインがハッキングにあう可能性も否定はできませんが、ビットコインをハッキングできる技術があるのなら、他の為替取引などのシステムがハッキングされる可能性のほうが高いんじゃないかと考えています。

ただ、「ビットコインが今までハッキングにあったことがない」という話をすると、「マウントゴックスの事件でハッキングにあっているじゃないか!」という意見をいただきます。
ビットコイン取引所のリスク
ビットコイン自体のシステムがハッキングをうけたことはありませんが、ビットコインをやり取りする取引所がハッキングによって、ビットコインを抜き取られるケースや、取引所が破綻してビットコインを引き出せなくなるというケースが存在しています。

ビットコインは個人間でのやり取りも可能ですが、より多くの金額をやり取りする場合や、投機などで頻繁に取引を行う場合には、買い手と売り手をマッチングするために、取引所を介して取引するのが一般的です。
取引所を介する場合、一時的にビットコインを取引所の口座に預けておく必要があります。
その取引所に預けていたビットコインが狙われるという事件がいくつか発生した事例があります。
日本で一番有名な事件が「マウントゴックス騒動」です。

ガバナンス問題


ビットコインは、発行元、管理元がいない通貨ということで、何か問題があった場合に問題を解決するための施策を行う責任者がいない、また、意思決定をする際に意見がまとまらなず統制(ガバナンス)が取れないという問題を抱えています。

一応ビットコインの今後の方向性や問題点に関して話し合うコミュニティとして「ビットコイン財団」という非営利団体が存在しています。
しかし、財団の関係者はビットコインを大量に保有している、いわゆる「利害が絡む関係者」ばかりで意見がまとまらず、いつになっても問題の解決ができないことが問題になっています。

今後も、ビットコインが普及するうえでは、少なからず問題が発生することはあるかと思いますが、その際にはこのガバナンスの問題がのしかかってくる可能性があります。
個人的にはビットコインの一番気がかりな部分はこのガバナンス問題かなと感じています。
ビットコインのシステム的な問題点として、以下で述べる「スケーラビリティ問題」に関してはかなり前から騒がれているのですが、なかなか解決のメドがたたないという状況です。(解決策の候補は存在するのに決めきれない)

スケーラビリティ問題


ビットコインのシステム的な問題として以前から指摘されていることにビットコインの取引量が増大すると、システムが処理しきれないという問題があります。

ビットコインは現在、7tps(1秒間に処理できる取引数)までしか処理できず、一日で最大604,800取引までしか処理できないといわれています。
比較として、visaやMaster Cardなどのクレジットカードでは、最大で45,000tpsまで処理することができると言われています。

また、クレジットカードでは、通常状態で一日に4億から5億程度のトランザクションを処理しているといわれており、もしビットコインが現行のクレジットカード並みに普及したとすれば、1日で処理できる取引量をあきらかに超えてしまいます。
今後ビットコインが普及するためには、確実に解決しなければならない問題となります。
問題の解決策としては「ブロックサイズ(取引をひとまとめに処理できるサイズ)を大きくする方法」や「取引情報を圧縮して小さくする方法」など実現可能な方法が提示されています。

ただこの問題は先に挙げた「ガバナンスの問題」に直面し、いまだに議論が終着せず解決できずにいます。
ビットコインが誕生したのは2009年。一つの論文をきっかけに一部のコンピュータマニアや科学者の間でシステムが作られました。
初めは、「中心となる発行体や管理者のいない仮想の通貨」という新しい発明に興奮を抱いた一部のユーザーだけが使用するものでした。
しかし、一部のユーザーが売買し始めると、次第にビットコインは広い世界で流通するようになり、独自の価値を持つようになっていきました。

2010年5月がはじめてビットコインがショッピングに用いられたとされる時です。
フロリダ在住の「LaSZlO」というプログラマーが、宅配ピザチェーンからピザ2枚を購入するために「ビットコイン1万枚とピザを交換してくれる人はいないか」とオンラインフォーラムで呼びかけました。

結果、彼はビットコイン1万枚を25ドルに換算し、無事にピザ2枚分の支払いをすることができました。
この時のビットコインの値段が1ビットコインあたり約0.2円です。
その後、ビットコィンによる決済を受け付けるショップや企業が登場、ビットコインを支払いに使える場が徐々に増えていきます。

ビットコインの今後の将来性


ビットコインが値上がりを期待できる投資商品となるかどうかは「ビットコインが普及していくのか」にかかっていますが、今後の可能性としてはいくつもパターンが考えられます。

ざっと考えられるケースを挙げると、
全世界でビットコインが普及し、世界共通の通貨として世界の日常で使われるようになる。
日常での使用は限定的だが、金と同様安定的な投資商品としての地位を確立する。
値動きの激しさは変わらず、原状と同様に一部トレーダーの投機商品として機能していく。
新しく登場する他の仮想通貨に役割が置き換えられていく。(ビットコイン自体は衰退する)
仮想通貨自体がこれ以上普及しないで終わる。
個人的な意見を述べると、世界中で簡単かつ安く取引できるビットコインは便利な通貨なのでまだまだ普及していく余地があるかと思います。

全世界で日常的に使われるという所までは予想できませんが、今よりもっと浸透していくでしょうし、今までのような急激な価格の乱高下は少なくなり、安定した投資商品になっていくのではと考えています。

ビットコインよりも素晴らしい機能を備えた他の仮想通貨が台頭してくるという可能性はありますが、通貨としての機能だけならビットコインで十分なので、ビットコインの普及を脅かすということはないかと思っています。

ビットコインの保管場所(ウォレット)


ビットコインを保管しておくツールとして、「ウォレット」というものが存在します。
ウォレットは日本語で「財布」という意味で、文字通りビットコインを入れておく財布です。
通常、取引所で購入したビットコインは取引所のウォレットに保管されます。

ただ、取引所のウォレットは事実上は銀行や証券会社の「口座」と同じようなもので、管理は取引所が行っています。
その場合、取引所が破綻したり、ハッキングの被害にあうと、自分のビットコインも紛失する危険性があります。

なので、ビットコインの保管方法としては、ウォレット機能だけを提供しているサービスを利用して、そのウォレットにビットコインを貯めておくほうがよいです。
ビットコインが形を持たない電子的なデータですので、ウォレットは、ビットコインの残高などの電子データを記録するソフトウェアだったり、電子チップだったりします。
また、ウォレットはインターネット環境につながらない環境(オフライン)で暗号を保管してくれたり、優れた認証機能を使用しているようなセキュリティの高いものが多く存在します。

多くの方は
ブロックチェーンウォレットを利用しているのでおすすめです。


ビットコインもコインチェックで購入することができます。
2017年1月には95000円だったものがなんと、12月には220万円近くになっています。

10万円で購入していたら230万円になっています。

ビットコインの通貨の略称は「BTC」と呼ばれています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
ビットコインやイーサリアムを某大手企業が採用しようと検討してましたが、
ビットコインやイーサリアムの技術を備えた第3のビットコインというものが2018年に出て来るようです。

それを大手企業が採用した時には今まで出てきた仮想通貨の値上がり以上が予測できます。
某専門家が言うには1000倍以上にはなると予測しているようです。

10万円が1億円になる可能性があるICO情報は
別途会員様に情報提供しますのでご検討下さい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
お得な稼ぎ放題プラン


業務委託詳細を見る



仮想通貨詳細を見る



ビットコイン詳細を見る



イーサリアム詳細を見る



イーサリアムクラシック詳細を見る



リスク詳細を見る



ファクトム詳細を見る



モネロ詳細を見る



オーガー詳細を見る



リップル詳細を見る



ジーキャッシュ詳細を見る



ネム詳細を見る



ライトコイン詳細を見る



ダッシュ詳細を見る



ビットコインキャッシュ詳細を見る



ページの先頭へ