SERACOでは『本物』の仮想通貨情報を
『完全会員制』にてご提供しております。
(それぞれの仮想通貨の特徴)


仮想通貨で一番有名なのがビットコインですが、ビットコインと同じような名前のビットコインキャッシュというものがあります。

多くの人が
「ビットコインキャッシュってなに?」
「ビットコインとビットコインキャッシュって何が違うの?どっちがいいの?」
と気になっているようです。

ビットコインキャッシュとは、ビットコインが分裂してできた通貨です。

「通貨が分裂?」というのがあまり聞かれない概念なのでわかりづらいですが、簡単にいうとビットコインシステムの方針をめぐって対立が発生し、一部のグループが違う方針を採用した別のビットコインを作ったという感じです。

(以下、若干専門的な話になります)
ビットコインはずっと抱えている問題として、ビットコインの利用者が増えるとシステムの処理が追いつかなくて送金に遅延が発生するというものがあります。

(一般的にはスケーラビリティ問題と呼ばれています)

ビットコインは「ブロック」と呼ばれる単位で取引データを処理しています。

このブロックは1MB(メガバイト)という大きさのデータ量まで入り、約10分おきくらいに処理されるのですが、ビットコインの利用が増えるなかで、現状のままではデータを処理しきれない状態になってきました。

この問題を解決するための方法としては「取引データを圧縮して1回のブロックに入る取引データを多くする方法」が考え出されました。

これが「segwit」と呼ばれる方式で、ビットコインのマイナー(システム参画者)の多くがこの方式を支持しました。

しかし、一部のマイナーは「segwitにも問題がある」「もっと利用者が増えた際に抜本的な解決になっていない」というような理由で反対するものもいました。
そこで一部のマイナーはsegwitではない別の方法「ブロックのサイズ自体を大きくしてしまう」というものを支持しました。
こちらの方法を支持して生まれたのが「ビットコインキャッシュ」になります。

ただ、分裂後の状況としては元のビットコインを支持する人のほうが多く、現状ほとんどの場面で使用されているのは元のビットコインで、ビットコインキャッシュはほんの一部の人がマイニングしたり使用しているといった感じです。

ビットコインとビットコインキャッシュの違いについて


では「ビットコインとビットコインキャッシュの違いは何なのか?」という話ですが、基本的なシステムの構造などは同じで、あまり一般ユーザーが意識しないような細かい部分で違いがあります。

以下、ビットコインとビットコインキャッシュの違いです。

名称      ビットコイン   ビットコインキャッシュ
略称      BTC        BCCまたはBCH
ブロックサイズ 1MB        8MB
Segwit     導入      非導入
その他       将来的に再度のブロックサイズ引き上げや可変ブロックサイズの導入を検討


ビットコインキャッシュもコインチェックで購入することができます。

2017年1月には33027円だったものがなんと、12月には418000円近くになっています。

10万円で購入していたら126万円になっています。

ビットコインキャッシュの通貨の略称は「BCH」と呼ばれています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
ビットコインやイーサリアムを某大手企業が採用しようと検討してましたが、
ビットコインやイーサリアムの技術を備えた第3のビットコインというものが2018年に出て来るようです。

それを大手企業が採用した時には今まで出てきた仮想通貨の値上がり以上が予測できます。
某専門家が言うには1000倍以上にはなると予測しているようです。

10万円が1億円になる可能性があるICO情報は
別途会員様に情報提供しますのでご検討下さい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
お得な稼ぎ放題プラン


業務委託詳細を見る



仮想通貨詳細を見る



ビットコイン詳細を見る



イーサリアム詳細を見る



イーサリアムクラシック詳細を見る



リスク詳細を見る



ファクトム詳細を見る



モネロ詳細を見る



オーガー詳細を見る



リップル詳細を見る



ジーキャッシュ詳細を見る



ネム詳細を見る



ライトコイン詳細を見る



ダッシュ詳細を見る



ビットコインキャッシュ詳細を見る



ページの先頭へ