SERACOでは『本物』の仮想通貨情報を
『完全会員制』にてご提供しております。
(それぞれの仮想通貨の特徴)


新時代の概念として注目されている仮想通貨

一番有名な仮想通貨はビットコインですが、「第2のビットコイン」として登場した仮想通貨にライトコインがあります。

ライトコインとは? ビットコインとの違いは?


ライトコインはビットコインとほとんど同じ機能を持った仮想通貨です。

ライトコインがビットコインと違う点としてまず言えるのは、「明確な開発者がいる」ということです。
ライトコインの開発者はチャーリー・リーと呼ばれる方で、チャーリー・リー氏はビットコインを金とするなら、ライトコインは銀を目指すという目的でライトコインを開発しました。

基本的な通貨の仕組みはほとんど同じなのですが、「ビットコインを金とするなら」という名目なので、ライトコインはビットコインよりも、より流通量(埋蔵量)が多く、採掘や取引も労力がかからないような形にして、希少性はビットコインよりも低いけれど、流通や取引に利用しやすいようにと考えられています。

ライトコインは2011年10月に誕生したデジタル通貨です。
以下、ライトコインに関して説明している動画です。


ビットコインとライトコインで大きく違う点を挙げるとするならば、
埋蔵量の違い
発掘難易度の違い
決済スピードの違い
が挙げられます。

埋蔵量の違いに関しては、ビットコインが2100万枚であるのに対し、ライトコインはその4倍の8400万枚です。

採掘に関しては、ライトコインは比較的労力がかからず、一般的なCPUで行える採掘難易度にしています。

そして、ビットコインの問題の一つと言われる決済スピード。ビットコインは平均的な決済スピードは10分程度かかるといわれていますが、ライトコインはその5分の一の2分程度で可能だと言われています。

ライトコイン 今後の将来性


ライトコインはビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の中でもあまり特殊な特徴を持ちあわせていない通貨です。

一応ビットコインの欠点と言われるべきところを改善を試みている通貨ではありますが、何か新しい社会や価値を生み出したいという目的があるわけではありません。

あくまでビットコインの代替通貨として存在していくかと思います。

ライトコイン自体もある程度の認知がされ、徐々に価値を高めてきているので、ビットコインが金であるならばライトコインを銀にするという開発者の思惑は今のところその目的を達成できているのではないでしょうか。

ただ、ライトコインが当社は当初は騒がれましたが、現在は値段の高騰なども一段落ついた感じです。
今後ライトコインが普及するかどうかはまったくわかりませんが、ビットコインが金と同じように金融資産としての地位を確立していけば、ライトコインも銀と同じような金融資産として成長していく可能性があります。

ライトコインに期待をよせているなら今のうちに買っておくのが良いかと思います。

ライトコインもコインチェックで購入することができます。

2017年1月には532円だったものがなんと、12月には43000円近くになっています。

10万円で購入していたら800万円になっています。

ライトコインの通貨の略称は「LTC」と呼ばれています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
ビットコインやイーサリアムを某大手企業が採用しようと検討してましたが、
ビットコインやイーサリアムの技術を備えた第3のビットコインというものが2018年に出て来るようです。

それを大手企業が採用した時には今まで出てきた仮想通貨の値上がり以上が予測できます。
某専門家が言うには1000倍以上にはなると予測しているようです。

10万円が1億円になる可能性があるICO情報は
別途会員様に情報提供しますのでご検討下さい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
お得な稼ぎ放題プラン


業務委託詳細を見る



仮想通貨詳細を見る



ビットコイン詳細を見る



イーサリアム詳細を見る



イーサリアムクラシック詳細を見る



リスク詳細を見る



ファクトム詳細を見る



モネロ詳細を見る



オーガー詳細を見る



リップル詳細を見る



ジーキャッシュ詳細を見る



ネム詳細を見る



ライトコイン詳細を見る



ダッシュ詳細を見る



ビットコインキャッシュ詳細を見る



ページの先頭へ