SERACOでは『本物』の仮想通貨情報を
『完全会員制』にてご提供しております。
(それぞれの仮想通貨の特徴)


Lisk(リスク) は、イーサリアム同様、スマートコントラクトを実現させるためのプラットフォームです。
スマートコントラクトというのは、契約や条件などを通貨に付与する仕組みブロックチェーン上で保管、検証、実行されるプログラムなどと言われてます。

ブロックチェーン上で、プログラムコードが色々な決まりを作成することで、世の中の様々な契約などが自動的に遂行されるような仕組みができるようになります。(スマートコントラクトで実現できることはもっと色々可能性があり一言では言い表せないのですが)
基本的にイーサリアムもliskもスマートコントラクトを実現するという目的に関しては同じですが、いくつかの違いがあります。

イーサリアムとLiskの違い

【イーサリアムとLiskの違い】ですが、
・Liskのプログラム記述言語は「Javascript」
・Liskの個別のアプリケーションは、サイドチェーンとして動く

イーサリアムがブロックチェーン専用のプログラム言語を使うのに対して、liskはWEBアプリケーション等で非常によく使われている「Javascript」を採用しています。
javascriptは技術者が非常に多いため、開発が容易に進みやすいと期待されています。
もう一つの「サイドチェーンとして動く」というのは一般にメリットがわかりづらいのですが、Liskのプラットフォーム上でつくった新しいアプリケーションにバグがあった場合に、そのアプリケーション単体で修正しやすいという特徴があります。
イーサリアムでは以前、イーサリアムのプラットフォーム上に作成したthe DAOという通貨にバグがあった際に、イーサリアム自体にも影響を与えました。

そのような事件があったため、現在、イーサリアムより優れたものを探している人たちにliskが注目を集めています。

リスクもコインチェックで購入することができます。

2017年1月には18円だったものがなんと、12月には2500円近くになっています。

10万円で購入していたら1375万円になっています。
リスクの通貨の略称は「LISK」と呼ばれています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
ビットコインやイーサリアムを某大手企業が採用しようと検討してましたが、
ビットコインやイーサリアムの技術を備えた第3のビットコインというものが2018年に出て来るようです。

それを大手企業が採用した時には今まで出てきた仮想通貨の値上がり以上が予測できます。
某専門家が言うには1000倍以上にはなると予測しているようです。

10万円が1億円になる可能性があるICO情報は
別途会員様に情報提供しますのでご検討下さい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
お得な稼ぎ放題プラン


業務委託詳細を見る



仮想通貨詳細を見る



ビットコイン詳細を見る



イーサリアム詳細を見る



イーサリアムクラシック詳細を見る



リスク詳細を見る



ファクトム詳細を見る



モネロ詳細を見る



オーガー詳細を見る



リップル詳細を見る



ジーキャッシュ詳細を見る



ネム詳細を見る



ライトコイン詳細を見る



ダッシュ詳細を見る



ビットコインキャッシュ詳細を見る



ページの先頭へ