SERACOでは『本物』の仮想通貨情報を
『完全会員制』にてご提供しております。
(それぞれの仮想通貨の特徴)

新時代の概念として注目されている「仮想通貨」現在、次世代の仮想通貨として話題になっているイーサリアムですが、2016年7月にイーサリアムから分派した「イーサリアムクラシック」が誕生しました。

イーサリアムクラシックとは?

イーサリアムクラシックはイーサリアムから分派した通貨です。
どういう通貨なのかという部分に関しては、イーサリアムとほぼ同じ通貨といえます。
イーサリアムクラシックがイーサリアムから分派した理由というのが、2016年6月に起こったTHE DAOの通貨流出事件です。
THE DAOというのは、イーサリアムのスマートコントラクトプラットフォームから生まれた通貨で、もっともクラウドファンディングで注目を集めた通貨です。

ただ、そのthe DAOがリリース後にシステムのバグをつかれ、THE DAO経由でイーサリアムを不正取得されるという事件が勃発しました。
この事件の際、イーサリアムの運営側の判断で、「ハードフォーク」という修正作業を行うことで、不正取得されたイーサリアムを使えなくしました。
この判断は賛成多数で決定したのですが、反対した人が少なからずいました。
(修正や改変を許してしまうと、今後誰かの利益のために修正などが行われたりする可能性があるし、そもそもブロックチェーンの利点が改変、改ざんされず、人の判断が介在しない部分にあるのにという意見がありました)
そこで、イーサリアムの修正(ハードフォーク)に反抗する人達によって作られたのが「イーサリアムクラシック」です。
イーサリアムクラシックは、純粋にブロックチェーンによって、誰にも干渉をうけない通貨を目指しているようです。
現状のイーサリアム、イーサリアムクラシックの両者の違いはハードフォークへの対応の有無だけなので、通貨としての特性の違いなどはありません。

イーサリアムクラシックもコインチェックで購入することができます。

2017年1月には168円だったものがなんと、12月には4000円近くになっています。
10万円で購入していたものが、240万円になっています。

イーサリアムクラシックの通貨の略称は「ETC」と呼ばれています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
ビットコインやイーサリアムを某大手企業が採用しようと検討してましたが、
ビットコインやイーサリアムの技術を備えた第3のビットコインというものが2018年に出て来るようです。

それを大手企業が採用した時には今まで出てきた仮想通貨の値上がり以上が予測できます。
某専門家が言うには1000倍以上にはなると予測しているようです。

10万円が1億円になる可能性があるICO情報は
別途会員様に情報提供しますのでご検討下さい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
お得な稼ぎ放題プラン


業務委託詳細を見る



仮想通貨詳細を見る



ビットコイン詳細を見る



イーサリアム詳細を見る



イーサリアムクラシック詳細を見る



リスク詳細を見る



ファクトム詳細を見る



モネロ詳細を見る



オーガー詳細を見る



リップル詳細を見る



ジーキャッシュ詳細を見る



ネム詳細を見る



ライトコイン詳細を見る



ダッシュ詳細を見る



ビットコインキャッシュ詳細を見る



ページの先頭へ