SERACOでは『本物』の仮想通貨情報を
『完全会員制』にてご提供しております。
(それぞれの仮想通貨の特徴)


仮想通貨の中で、注目が高い通貨の一つに「リップル」があります。

まずリップルというのは「仮想通貨」と言われていますが、実際には通貨自体のことを「リップル」とは呼びません。

リップルというのは、アメリカの「Ripple Inc」という会社によって開発が進められている、金融商品の決済・送金システムです。
現在の銀行などの金融機関で行われている金融商品の送金システムをより効率的かつコストが掛からないようにすることを目指しています。
リップルのシステムがどのようなものか、ものすごく簡単にいうと、金融商品間の取引に仲介通貨を導入して、やり取りをスムーズにするといったものです。

例えば、国際的な決済で、日本からアメリカに送金がされる場合、日本円から米ドルに変換して決済する必要があります。
日本円から米ドルに変換する作業は、銀行などの金融機関が内部で行っている処理です。
で、日本円とか米ドルなどの「すごく有名な通貨」であればすぐに変換することができますが、もっとマイナーな国の通貨だとすぐに変換することはできず、かなり処理に時間と手間がかかります。
そういった、手間がかかる送金時の手続きを共通の「仲介用の通貨」を使うことで、簡略化しようという試みがリップルの決済システムになります。

そして、このリップルというシステムの中で「仲介通貨」として使用されるのが「XRP」という仮想通貨です。
主に、仮想通貨関連の話をする際には、このXRPのことが「リップル」と呼ばれています。

※仮想通貨としての「リップル(XRP)」のことを「リップルコイン」という言い方をすることもありますが、正式名称ではありません。

仲介用の通貨なので、一般に私達が利用するような場面でリップル(XRP)が登場する機会はほとんどないかと思いますが、銀行などの金融機関でリップルのシステムが普及すれば、仲介通貨のXRPも価値が上昇するだろうと考えられており、注目が集まっています。

リップルのIOU取引という特徴について


リップルの特徴の一つに、リップルは「IOU取引」であるということが挙げられます。
IOUとは、「I owe you(私はあなたに借りがある)」の略で、取引所などの「ゲートウェイ」とよばれるリップルの預金残高などを管理する場所が顧客に対して発行する「借用証書」という意味合いがあります。

なので、リップルというものは、実際には通貨というよりも「借用書の代わり」という性質をもっています。
借用書は通常、借りた側と貸した側の間で成立するものですが、リップルは「リップルというネットワークシステムに参画しているユーザー同士」であれば、リップルという借用書によってお金のやりとりが可能になります。

IOUを使った取引を簡単に説明


コインチェック抜粋

Aさん、Bさん、Cさんがいます。
Aさんは、Bさんに1万円借りています。
Bさんは、Cさんから1万円の商品を購入しました。

そこでBさんは、「代金の1万円はAさんから貰ってくれ」とCさんに伝え、 BさんはCさんに1万円を支払うのではなく、AさんのIOU(借用証明書)で決済をしました。

これがIOUを使った取引です。

Aさん、Bさん、Cさんの間では、1万円を上限とした通貨圏が成立し、 この通貨圏が「リップルネットワーク」に当たります。

では、このリップルネットワークはどのように拡大するのか。
先ほどのAさん、Bさん、Cさんの取引に、海外に住むDさんが加わったとします。
DさんはCさんとは友達ですが、Aさん、Bさんのことは知りません。
DさんがAさんから1万円の商品を購入します。
しかし、Dさんは海外に住んでいるので、支払いにコストがかかってしまいます。

CさんとAさんが友人であることを知ったDさんは、 「CさんからAさんに1万円を支払ってくれ」と頼みます。
CさんはAさんに1万円分のIOUを発行し、Dさんから1万円分のIOUを受け取ります。
Cさんが仲介となり、Dさんのリップルネットワークへの参加が完了です。
このように、リップルネットワークに参加すれば、低コストでお金のやり取りが可能になります。
また、IOUは法定通貨、仮想通貨問わず様々な通貨と交換が可能です。
このIOU取引が、リップルが仮想通貨ではなく、「取引プロトコル」と言われる所以です。

「リップルの実態は借用書」ということでどういう問題があるかというと、自分がリップルを預けている場所が、ハッキングや破産などによって、リップルネットワークシステムから抜けるということが起こればその借用書は「無価値」になります。

リップルもコインチェックで購入することができます。

2017年1月には0.8円だったものがなんと、12月には147円近くになっています。

10万円で購入していたら1800万円になっています。

リップルの通貨の略称は「XRP」と呼ばれています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
ビットコインやイーサリアムを某大手企業が採用しようと検討してましたが、
ビットコインやイーサリアムの技術を備えた第3のビットコインというものが2018年に出て来るようです。

それを大手企業が採用した時には今まで出てきた仮想通貨の値上がり以上が予測できます。
某専門家が言うには1000倍以上にはなると予測しているようです。

10万円が1億円になる可能性があるICO情報は
別途会員様に情報提供しますのでご検討下さい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
お得な稼ぎ放題プラン


業務委託詳細を見る



仮想通貨詳細を見る



ビットコイン詳細を見る



イーサリアム詳細を見る



イーサリアムクラシック詳細を見る



リスク詳細を見る



ファクトム詳細を見る



モネロ詳細を見る



オーガー詳細を見る



リップル詳細を見る



ジーキャッシュ詳細を見る



ネム詳細を見る



ライトコイン詳細を見る



ダッシュ詳細を見る



ビットコインキャッシュ詳細を見る



ページの先頭へ